部門紹介

薬剤科

安心・安全で信頼出来る医療を提供

薬剤科では、『患者様ファースト』の理念を実行するべく2名の薬剤師が、調剤、製剤、医薬品情報の収集管理と提供、医薬品管理、薬剤管理指導業務など様々な業務を分担し、適正な薬物療法を通じて安全、安心な質の高い医療の提供に貢献することを目指しています。

また院内の委員会や医療チーム(医療安全、感染対策、栄養サポート、褥瘡等)の一員としても専門性を生かし、積極的に活動しています。

当院では厚生労働省の医薬分業の方針に従い、原則として院外処方箋を発行しています。これにより外来患者様は院外にある調剤薬局で、より安全に詳しく医薬品について理解でき、病院内に勤務する薬剤師は入院中の患者様に対して集中して治療に専念することが可能になりました。

 

主な業務とその内容

1. 調剤業務

患者様に処方される医薬品は、昨年に初導入した調剤支援システムと電子カルテシステムを連動させる事により患者様の服用歴(持参薬含む)を確認し、更に薬剤師の専門性を活かし、同じ効果の薬が重複していないか、薬の量や飲み方は適切か、薬の飲み合わせに問題はないか等を確認した上で調剤を行っています。

処方内容に疑問があれば医師へ問い合わせを行い、また処方薬に対し患者様からご質問があれば丁寧に対応し安心・安全に服用していただけるよう努めています。また飲み間違いが無いよう、錠剤については1回の服用分をできるだけ1パッケージにする「ワンドーズ・パッケージ」を行っています。ご希望の患者様は医師にご相談ください。

2. 注射剤調剤業務

注射剤は、血管内に直接投与されるので使い方には特に注意が必要です。患者様の病状に応じて処方内容が細かく変化するため、薬剤師は処方箋に基づいて1回分ずつ調剤しています。注射薬の調剤では、患者様の検査値、年齢、体重、食事摂取量など様々な状況を考慮し、処方された医薬品の投与量、投与方法、配合変化(混ぜてはいけない医薬品)などの確認を行い、より安心・安全な薬物治療を心掛けています。

3. 抗がん剤調製業務

安心・安全な化学を提供するために薬剤師は、薬剤の取り揃え、投与量・投与スケジュール(投与順序・投与速度)・投与経路等のレジメン管理、治療歴、現在の状態を確認し看護師と協同で医薬品を混合調製しています。

4. 麻薬及び向精神薬管理業務

がん疼痛治療、抗不安、睡眠鎮静、鎮痛等で麻薬や向精神薬が用いられています。その乱用、依存による危険性は重大です。そのため、麻薬及び向精神薬・覚せい剤の管理等を含む取り扱いは、一般の医薬品と異なり「麻薬及び向精神薬取締法」「覚せい剤取締法」によりさまざまな規制を受け、厳格に管理しています。

5. 輸血・血漿分画製剤管理業務

輸血や血漿分画製剤の供給・保管、使用に関する記録の保管と必要な情報の提供を行っています。

6. 医薬品情報管理業務

医薬品情報管理は、DI(Drug Information)とも呼ばれ、医薬品に関する情報を取り扱います。医薬品を安全に使用するためには、投与方法、投与量、副作用、相互作用などの様々な情報を収集し、その情報が適切なものか評価していくことが必要となります。収集した医薬品情報は、医薬品を扱う医療スタッフに提供することで医薬品の適正使用に繋げています。

7. 薬剤管理指導

入院中の患者様に対し、処方薬剤や常用薬などの服薬状況や薬物療法使用上の問題点を確認し、適切な薬物治療の手助けを行っています。また、患者様のベッドサイドで薬剤管理指導を行うことで薬剤師の視点からの問題点、副作用、相互作用のチェック、薬効の評価を行っています。内服薬を始め、インスリン注射や吸入薬などの使用方法、抗がん剤や医療用麻薬など様々な医薬品についての情報提供を行っています。医薬品の使用目的、用法・用量、保管、予想される副作用とその対応や飲み忘れ時の対処法などを患者様に理解していただくことで薬の最良の効果が得られるように努めています。

 

電話でのお問い合わせ